子育て大学

出産

乳腺炎のマッサージのやり方とは?

2019年7月11日

乳腺炎のマッサージ方法は?

乳腺炎になったときはマッサージをして、乳腺のつまりをとることが効果的です。

ただし、発熱しているときは痛みを感じる場合があるので、マッサージはしないでください。あくまで一部が痛いときや、しこりができたときにマッサージをしましょう。

また、お風呂に入ることで血行がよくなるので、乳腺が開いてつまりがとれやすくなります。

しこりの部分を乳頭の方に動かすように、マッサージするのがポイントです。

マッサージの手順

  1. マッサージをする手とは反対の手で、胸を下から持ち上げます。
  2. もう一方の手を横から添えます。
  3. その状態で胸を、上下左右に大きく3回ずつ動かしてください。そうすることで、血行がよくなります。
  4. 血行をよくした後に、搾乳していきます。
  5. 搾乳をする手とは反対の手で、しこりをおさえて圧迫します。
  6. 搾乳をしている側の手で、乳頭の手前や乳輪付近をもむと、母乳が押し出されてきます。しこりを圧迫する位置を変えたり、胸全体をほぐすことでしこりをなくすことができます。

また、マッサージがうまくできない場合でも、血行をよくするだけてもつまりが解消しやすくなります。

乳腺炎のマッサージは揉み返しに気をつけよう

乳腺炎のときに自分でマッサージを行うことについては、奨励している専門家と、そうでない専門家とに分かれます。

「揉み返し」と呼ばれるマッサージを受けた翌日や数時間後に来る痛みで、症状を悪化させてしまう場合があるからです。

乳腺炎のときにも、間違った方法でマッサージをしてしまうと悪化してしまう恐れがあります。

自分でマッサージを行う際には、炎症を起こしている部分は避け、なるべく優しくもみほぐすようにしましょう。また、熱が出ているときや激しい痛みがある場合、または自分では不安なときは、助産師などのプロに依頼することをおすすめします。

乳腺炎の痛みが悪化したら病院へ!

乳腺炎は、無理にマッサージを続けていると悪化してくるので、痛みがなかなか引かない場合は母乳外来へ行きましょう。母乳外来では助産師や看護師が母乳を出すマッサージをしてくれて、古くなった母乳を排出することができます。

なお、病院で母乳マッサージを受ける場合は、初回で5000円前後かかります。数回通う場合は次の費用から1000円と病院によって異なるので、心配な場合は病院に確認してから行きましょう。

おわりに:乳腺炎の予防ケアを日頃から行いましょう

ある日突然やってくる乳腺炎は、日頃からその予防とケアが大切です。また、もし乳腺炎になってしまっても、対処によって改善される余地があり、マッサージもその一つです。

乳腺炎のマッサージをして様子を見てみて、症状が悪化しているようならば病院を受診するようにしましょう。

同じカテゴリの記事

  • 出産
    女性がいぼ痔になりやすいって本当?放置しても治る? 2022年6月29日
  • 出産
    パニック障害の治療薬にはどんなものがある?副作用は? 2022年6月29日
  • 出産
    カンジダのかゆみに効く薬は? 男性や妊娠中でもカンジダは起こる? 2022年6月15日
  • 出産
    糖原病はどんな病気なの? 原因は遺伝子異常って本当? 2022年6月15日