子育て大学

子育て

脂腺母斑は悪性化する?発見するための注意点は?

2021年10月31日

脂腺母斑とは?

脂腺母斑(しせんぼはん)とは、黄色くざらざらした感触の母斑(あざ)のことです。出生時や幼少時にでき、成長するにつれて少しずつ隆起するように盛り上がったり褐色調になります。

年齢を重ねるにつれ大きくなることがありますが、ほとんどは良性です。

ただし、悪性化しないというわけではありません。
腫瘍化したものに関しては皮膚がんのリスクもあるため、一般的には若い年齢でも外科的手段を用いた治療方法が選択されます。

脂腺母斑があると、どんな症状が現れるのか

脂腺母斑の症状は、大きく分けて新生児から乳幼児、思春期以降、成人から30代以降の3つにわけられます。
出生してから乳幼児の場合では、肌の色合いに近く触れると多少ざらつきます。母斑は成長するとともに少しずつサイズが大きくなり、凹凸もはっきりしてきます。

また頭部にあざができるとその部分だけが禿髪になるため、思春期においては容姿にコンプレックを感じることも多いようです。また、急速に成長し、かゆみを伴い、ひっかいてしまうことで出血するなどの症状に加えて、凹凸があるため散髪するのに支障がでます。

30代以降は、脂腺母斑表面に腫瘍が発生する場合があります。ほとんどは良性ですが、10%ほどの確率で悪性腫瘤が発生すると指摘されています。

悪性化の特徴

脂腺母斑にできる腫瘤の多くは良性の腫瘍ですが、まれに基底細胞がんなどに悪性化することもあります。一般的には30代頃に発症することが多いとされていますが、中には小児期に発症することもあるとされています。年齢に関係なく脂腺母斑に次のような変化が見られるときはできるだけ早く病院で相談しましょう。

  • 母斑の表面が不自然にガタガタに盛り上がっている
  • 母斑のサイズが急に大きくなった
  • 些細な刺激が加わっただけで出血する
  • 色調がまだらになる
  • 母斑の辺縁がいびつになる

脂腺母斑はどうすれば治るのか

脂腺母斑の治療では、手術での切除が一般的です。広範囲にある場合は、患部の周囲にある皮膚組織を利用する皮弁移植術や、お尻などの他の部位から皮膚を移植する植皮術をとることもあります。

切除後には、縫合跡や瘢痕(傷が治った跡にできる跡)が残るため、患部に合わせた縫合手術方法が行われます。

現在は、頭部の脂腺母斑への治療方法としてシリコン製バッグによる組織伸展器を用いるケースが増えているといわれています。
これは患部の周囲にある頭皮や皮膚を拡張させることで皮膚面積を拡大し、脂腺母斑の切除後の瘢痕を最小限にするとともに禿髪を目立たなくする治療法です。

おわりに:脂腺母斑の治療では、医師と相談のもと適切な時期の手術を検討しよう

脂腺母斑のほとんどは良性ですが、まれに悪性化する可能性があります。見た目のコンプレックスにつながることも考えられるので、適切なタイミングで治療ができるように医師と相談することをおすすめします。

同じカテゴリの記事

  • 子育て
    歯牙腫(しがしゅ)の治療で手術が選択される理由とは? 2022年11月23日
  • 子育て
    発達障害の人が受けるソーシャルスキルトレーニング(SST)の目的と内容とは? 2022年11月23日 #学校#小学生
  • 子育て
    空気清浄機を使ったハウスダスト対策のポイントと注意点 2022年11月23日 #かゆみ#アレルギー#鼻水
  • 子育て
    冬の鍋物に欠かせない白菜、どんな栄養素が含まれているの? 2022年11月16日 #便秘