子育て大学

子育て

赤ちゃんや子供の下痢! その原因と症状から対策まで②

2021年3月10日

赤ちゃんや子供の下痢:病院に行くべき危険信号

次に挙げる症状が現れた場合、注意が必要な状態です。小児科の受診をお勧めします。
・子供が水分を摂ることができない、または母乳を飲むことができない
・子供が食べたものや飲んだものを全部吐き出してしまう
・子供がけいれん・ひきつけを起こしている
・子供が衰弱していて、ぼんやりと何かを見つめている
・子供の目が覚めない
・子供が呼吸困難に陥っている
・子供の便に血が混ざっている

赤ちゃんや子供の下痢

持続的な腹痛は病気のサイン?

おならをしたり、排便したりしても解消されない持続的なお腹の痛み、腹部の特定の場所に限定的な痛みがある場合は、腸閉塞のような深刻な病気の兆候の可能性があります。

子供がお腹をぐっと掴んだり、叫んだり、胸の近くで脚を抱えたりしている場合は、深刻な腹痛が起こっている可能性があるので、すぐに病院を受診するようにしましょう

以下に比較的頻度の高い腹痛の原因についてご説明します。

ウイルス性腸炎は?

ノロウイルスなどのウイルスによる腸炎です。吐き気、嘔吐、下痢を伴うことが多く、1日から3日続く下痢は、ウイルス性腸炎の可能性を示しています。

細菌性腸炎は?

高熱や、便に血や粘液が混ざっており、どちらかというと下痢は軽度である場合は、細菌性腸炎になっている可能性があります。嘔吐はそれほど見られません。

食物不耐症や乳糖不耐症は?

食物不耐性や乳糖不耐性の代表的な症状として、特定の食べものを食べてから数時間後に下痢、お腹の膨張感、おなら、けいれんなどの症状が現れることが挙げられます。

ストレス性の下痢は?

ストレスを感じている期間、けいれんを伴った下痢になることがありますが、これは心理的な疲労に起因しています。

子供によく見られる原因は?

赤ちゃんと同様に子供だと、ウイルス性腸炎や細菌性腸炎が下痢、嘔吐、高熱の原因となる可能性があります。5日ほど熱がある状態が続いた場合でも、熱がだんだん下がっているようであれば、大きな問題になることは少ないとされています。

赤ちゃんや子供の下痢:予防するヒント

赤ちゃんや子供の下痢を予防するためのヒントを下記に挙げます。
・トイレに行ったあとと食事の支度をする前は、必ず手を洗いましょう
・ラップで包むなどして、ハエが食べものの上にとまらないようにしましょう
・赤ちゃんの調子が悪くても、母乳を与え続けましょう
・汚れ、ゴミ、便器は定期的に掃除するようにしましょう

おわりに:赤ちゃんや子供の下痢の原因はいろいろ

赤ちゃんや子供は、下痢になることが多く、その原因もさまざまです。小児は自分では症状を訴えられないことが多いため注意が必要です。脱水症状にならないように気をつけて、心配な時は小児科を受診しましょう。

同じカテゴリの記事

  • 子育て
    消えない蒙古斑は治療した方がいいの?なくならない青あざの原因とは 2024年4月10日 #症状
  • 妊娠
    ビタミンAはどんな食べ物に多く含まれているの? 2024年4月10日 #食事
  • 子育て
    ヘルシーなテイクアウトメニューの選び方 ― 脂質、塩分、カロリーを抑えるポイントとは? 2024年4月10日 #栄養#食事
  • 子育て
    春になると眠くなるのは暖かくなるから?それともほかの理由が? 2024年4月10日 #アレルギー#ストレス#ホルモンバランス#睡眠